カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

にゃんく 様より、推薦のレビューをいただきました

—————————————————————————

【にゃんく 様より、推薦のレビューをいただきました】
 
すでに読了されている にゃんく さんの感想です。

内容が非常にわかりやすいレビューですのでご参考になさってください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

にゃんく

『ロックンロール社長 オトナの夢の追いかけかた』を読んだ。

kindle で無料で読める作品です。


感動した。


無料でこれだけの内容が読めるのは、かなりオトクです。

夢を追いかけているすべての人に必読の書。

そんな本です。

作者は、ある人たちから、「ロックンロール社長」と呼ばれている、池松kazという人物。

どん底から、社長にまで這いあがった人です。

作り話ではない、リアルな現実がここにある。

経験から吐くことばに、重みがあります。


学校の勉強に興味の持てないひとりの青年がいた。

池松kazです。


そんな青年ならたくさんいますが、この人は、ひと味違います。

彼は、大学進学をあきらめ、アメリカ留学を計画します。

英語も話せないのに。

親も反対している。資金もない。計画性もない。

あるのは、おさえきれないほどの情熱と、ひたむきな行動のみ。

無謀です。

でも、この人物の考え方や行動に、読んでいるこちらとしては、ある時から共感を覚えていってしまいます。

自由に生きたい。

夢を追いかけたい。

そんなふうに思っている人は多い。

けれど、それを行動に移せる人は少ない。

なぜなら、とてもリスキーだからです。

生きていくうえで、誰しも保険をかけておきたい。

それが、学歴であったり、資格であったりする。

でも、池松kazは、そんなものは無視する。

失敗したら、おわり。

そんな生き方をしていこうとします。


危ないよ? だいじょうぶ?

でも、読んでいるうちに、こちらも熱くなってしまいます。

大学進学をあきらめ、アメリカ行きを計画した池松kazは、とにかくお金を必要とします。

彼は、留学資金を手に入れるため、教育ママをあざむき、大学の受験料数十万円をせしめます。

(もちろん、地道に、バイトもしています。でも、親には、どこかのスクールに通って勉強しているフリをしています。)

そして、お金がたまり、池松kazはアメリカへ出発します。

でも、やっぱり勉強はしていなかったから、英語は話せない。

アメリカに着いてから、あらかじめ話を通してあったスクールでの事務手続きで、事務員の言っている話がちんぷんかんぷん。

何度も同じ質問をしているうちに、相手を怒らせてしまいます。

そんなふうに、アメリカでの生活は、はじめのうちは、ジェスチャーで切り抜けていきます。


よくそんなことで、生きていけるなあ。

読んでいるこちらがハラハラどきどきするほどです。

でも、おもしろいです。

読んでいて、その行動力にびっくり。

池松kazがんばれ。

そんなふうに、応援したくなります。


池松kazは、マリファナなんかを吸っている日本人グループからは、距離をおきます。

そして、どんどん、自由の国・アメリカの良いところを吸収していきます。

現地の女の子と交際したり。

外国人の友達が増えて、生きた英語を吸収していきます。

そして、アメリカで、とあるバンドの公演を見ます。

それが、池松kazの人生を変えます。

「自分もあんなふうな活動をしたい」

彼は、そう思います。

ロックンロールしたい。

ロックンロール社長・池松kazが誕生した瞬間です。


やがて、アメリカでの滞在が長くなるにつれ、所持金が底をつき、帰国せざるをえなくなりますが、池松kazは、むしろ日本に帰国してから、その才能を開花させます。


バンドのメンバーを募集し、バンド活動をはじめます。

はじめのうちは、順風満帆ではありません。

誰もメンバーが集まらない。

そんな状態が長く続きます。

でも、やがて、ひとりずつ、メンバーが増えていきます。

そして、個性的なメンバー数十人が集まり、ロックバンドの活動を開始します。

池松kazは、バンドのリーダーです。

彼は、年間100回の公演をおこなうことを目標に立てます。

でも、その公演、何処でするの?

お金がない。

お客もいない。

できたてのバンドに、いろんな問題が立ちはだかります。


でも、池松kazたちバンドのメンバーたちは、あらゆる困難を、ひとつずつ解決していきます。

そして、コンテストへの応募。

それは、ヤマハが開催する、世界的なコンテストです。

それで頂点に立てれば、プロになれる。

はじめは、素人集団であった池松kazのグループ。

けれど、何度かコンテストにチャレンジするうちに、その大きなコンテストで、まさかの!

……

夢の実現のさせ方があります。

それは、あるところでは、とても高額な料金を支払わなければなりません。それでも、そのノウハウは、手に入らないかもしれません。
そして、長い年月の失敗と挫折を必要とするでしょう。

でも、この本『ロックンロール社長 オトナの夢の追いかけかた』では、それを短い時間と、無料で学ぶことができます。

ひとりの青年の失敗と成功が、読みやすい文章で、簡潔に書かれているからです。


読んでいて、涙が出そうになりました。

自分のことを読んでいるように読みました。

ぼくは、名作と呼ばれているような、青春小説を読むように読みました。

作者からは、これは小説じゃないよ、と言われるかもしれません。

エッセイかもしれないし、ハウツー本かもしれない。

でも、ジャンルは、どうでもいいと思います。

はっきり言いたいことは、魂の本がここにある、ということです。


オススメです。

ぜひ、読んでみてください。

「ロックンロール社長 無料お試し版」<アマゾンkindle>

https://www.amazon.co.jp/dp/B075WXN74W

自動代替テキストはありません。

ページトップへ